優和スタッフブログ

優和スタッフブログ

寄付金受領証明書

  確定申告期限が4月15日まで延長されたとはいえ、ただいま私共は日々申告書の作成に追われております。

そして毎年思う事ですが、ふるさと納税の証明書に寄付金先の市町村の住所の記載がない様式が多く、住所を調べるという手間が案外とやっかいで、、、

是非とも証明書には住所の記載をお願いしたい!と思うのは地名に弱い私だけでしょうか。。。

埼玉本部 斉藤


心を燃やせ

 1月の中旬に「炎」を弾きたいと衝動でピアノを購入しましたが、
2月から繁忙期に入り、現在部屋の片隅で燻っている状態です…

 さて、今回も確定申告は延長され4月15日までとなっていますが
時間の猶予に甘んじることなく心を燃やして集中したいと思います。

茨城本部 青柳


2月も半ばに差し掛かり、暖かい陽気の日が増えましたね。

今週は急激に冷え込んだのでコートとマフラーはまだまだ必須です。

気温に合わせた服装を心掛け、体調を崩さないよう気を付けましょう。

京都本部 金原


事務所の窓から

税理士法人優和 埼玉本部は、埼玉県蓮田市にあります。
今頃の冬のよく晴れた日には、事務所の窓から富士山がきれいに見えるのです。

通常の業務は2階で行っていて幹線道路に面しているからでしょうか、
下の方までバッチリ見えます。

私の普段の生活では富士山が見えるのはここの事務所からだけなので、
朝が寒いと辛いですが、出社して富士山が見えると何となくラッキーな気分です。


埼玉本部 田中


繁忙期

2月に入り本格的に確定申告のシーズンが始まりました。

パートとして社員の皆様、ひいては税理士法人優和を支えられるよう努める所存です。

宜しくお願い致します。

茨城本部 三浦


コロナ緊急事態宣言延長

10都道府県でコロナ緊急事態宣言が延長されてしまいました。状況から言ってしょうがないことだとは思いますが、早く緊急事態宣言が解除され正常な日常が戻ることを切に願うばかりです。そのためには、1人1人の心掛けが大変重要だと思います。

東京本部 佐藤


2021年の節分と税制改正

 2021年の節分は2月2日でしたね。
2月2日と聞いて覚えやすい日でしたが、
それに違和感があったのは毎年2月3日が節分だったからでした。
調べると2月3日以外の日が節分になるのは
昭和59年2月4日以来37年ぶりということで私が5歳の時のことです。

 そして2月2日になるのは以前にもあり、
なんと明治30年2月2日以来で124年ぶりのことでした。
いっそこれから2月2日が節分にすればいいのにと思いましたが、ちゃんと意味があり、
「節分」→「季節を分ける」ということで、
立春・立夏・立秋・立冬の季節の変わり目の前日はすべて節分にあたるとのことです。
とりわけ立春は1年の始まりで、特別なものとして豆まき等の文化が生まれたのかな?

 年の始まりといえば4月1日から様々に年度が変わり、
税制についても改正により2021年4月1日より施行されるものがあります。

 2021年税制改正の中で個人的に気になるのが、「税務関係書類の押印の見直し」です。
内容は2021年4月1日以降に提出する税務関係書類で
一部を除くほとんどの書類は押印不要で提出可能ということです。
押印文化の根深い日本でこれをどのように運用するか、
職業の性質上意思確認の意味を持って押印を行っていたことを、
提出に必要ないので不要です、としてしまっていいのだろうか?
かわる何かが必要ではと考えてしまいます。
コロナの影響により急速に変化する社会に対応するべく税制にも変化が出てきました。

 税制改正について不明点がありましたら、税理士法人優和までお気軽にお問合せください。

京都本部 加藤


確定申告、4月15日まで延長・・・

 今年も確定申告の申告期限が1カ月延長される模様です。

「これならゆっくり、じっくりできる」なんて思ってしまうかも知れませんが、3月15日以降だって通常の業務があり、先送りしてしまうとなんだかんだでその後の業務に歪みがでてしまうし、計画的にいかないと結局4/15前にバタついてしまうのでしょう。

申告期限間際になって顧客に添付書類の依頼するのを忘れていたりといったこの業界のあるある的冷や汗は少なくなると思われますが・・・。

まあ、「3.15」というキーワードのもとに職員一丸となって乗り切っていくのも一種の「お祭り」的な一体感もあり悪くはありませんが、個人的にはコロナ云々というより、そもそもの申告期限を3/31あたりだったらいいのになんて毎年思ってしまいます。

そうなったらきっと始動が15日遅れるだけか・・・。揺れ動く気持ちを抑えながら今年もやっぱり「3.15」目指してコツコツ地道にいきます!!

埼玉本部 菅 琢嗣


入社1年目の教科書

私が入社してから早くも4ヵ月が経ちました。徐々に仕事にも慣れてきましたが今振り返ると実に濃い4ヵ月だったと思います。

さてそんな私もいよいよこのブログを書くことになり、何を書いたらいいか非常に悩みましたが今回は最近私が読んだ本の印象に残っている内容を紹介したいと思います。

本の題名はタイトルにもあるように「入社1年目の教科書」です。(本屋でたまたま見つけてこれだっ!と思い買ってしまいました)

この本を読んでから私が実践していることがあります。

一日仕事をして仕事中に取ったメモを読み返す仕事の復習です。後からメモの内容を読み返すことで些細なことでも気付くことや学ぶことは必ずあります。そこに自分なりの反省点を書き加えることで次の仕事の時のヒントにもなりますし、覚えたこと学んだことも定着させます。

復習をしたとしてもどうしても忘れてしまうこともありますが(だって人間だもの)復習をしなければ同じことの繰り返しになってしまうので、経験した出来事をその場限りの出来事で終わらせないようにできる限り忘れることを防ぎ、常に積み重ね自分の中にストックさせていくことを意識してこれからも継続していこうと思います。 

                          茨城本部 高橋


ふるさと納税と寄付金の使い道

2021年が始まり、もう1ヶ月が経ちます。

皆さん、2021年度のふるさと納税は検討されていますでしょうか?

ふるさと納税とは、応援したい自治体に寄付をして既定の手続きをすると、
寄付金のうち2,000円を超える部分については所得税の還付、住民税の控除が受けられる制度です。

また寄付金の返礼品として、地域の名産品などの品も頂ける魅力的な仕組みです。

昨今はコロナ禍で外食もなるべく控えなければならない日々が続いておりますが、
種類豊富なふるさと納税の返礼品で、ご家庭の食事を楽しむのもいいかもしれませんね。

また返礼品だけでなく、まちづくりや復興支援など寄付金の使い道を指定できる自治体もあります。
昨年からは新型コロナウィルスの感染拡大による影響を受けている
全国の地域・事業者の方に寄付をできるシステムもあります。
私も微力ではありますが、地域の方々の助けになれるようふるさと納税を通じて応援させて頂こうと思っております。

京都本部 久我


アーカイブArchives
ページ上部へ戻る