優和スタッフブログ

日常生活

雨の季節

㈱ウェザーニューズが発表した『2021年の梅雨入り・梅雨明け見解』によると、
今年は梅雨入り・梅雨明けとも平年と比べて早い傾向にあるようです。

埼玉ではまだ梅雨入りしていませんが、梅雨の走りで雨の日が続いています。
気温の上昇とともに湿度も上昇し、部屋干しの衣類が乾きにくいこと。

風を当てるといいと聞き、さっそくサーキュレーターを購入して使ってみました。
今どきのサーキュレーターは上下左右ぐるぐる回って音も静か。
乾き具合も上々で、これでなんとか梅雨の時期を乗り越えられそうです。

埼玉本部 古瀬


1年経っても・・・

新型コロナウィルスの猛威は衰えるどころか、変異株の出現でさらにひどくなってきているような気がします。
1年前、緊急事態宣言を発出させ経済活動を制限してまで拡大を防いでいたのは一体何だったのか?
連日報道されるマスコミの情報を鵜呑みにせず、何が大事なのかを自分で然るべき情報を取捨選択をしていかなくてはいけないのではと感じている今日この頃です。
まずは医療従事者の手を煩わせることのないよう、自己免疫力を高めることが今できる一番のことではないかと思っています。
早く収束して平穏無事な生活が送れる日がくることを願ってやみません。

埼玉本部 鈴木


10年ひと昔

 2011年3月11日。ご存知の通り東日本大震災である。あれから10年。身近で起こった被災者に対する非道な仕打ちに声を上げられずに悲しい気持ちにさせられてから10年。時が経つのは早いものだと最近つくづく感じる。

 そして今。昨年から日本を含め全世界が新型コロナウイルスに苦しめられている。皆が歯を食いしばって必死に感染予防に努めているのに、どこぞの大臣様は「マスクはいつまでしてるんだ?」と仰ったそうだ。「みぞうゆう」の感染症流行期において。

 ならば問いたい。そんな感覚しか持ち合わせていないあなたは、いつまで政治家をしてるんだ?と。

埼玉本部KY


寄付金受領証明書

  確定申告期限が4月15日まで延長されたとはいえ、ただいま私共は日々申告書の作成に追われております。

そして毎年思う事ですが、ふるさと納税の証明書に寄付金先の市町村の住所の記載がない様式が多く、住所を調べるという手間が案外とやっかいで、、、

是非とも証明書には住所の記載をお願いしたい!と思うのは地名に弱い私だけでしょうか。。。

埼玉本部 斉藤


事務所の窓から

税理士法人優和 埼玉本部は、埼玉県蓮田市にあります。
今頃の冬のよく晴れた日には、事務所の窓から富士山がきれいに見えるのです。

通常の業務は2階で行っていて幹線道路に面しているからでしょうか、
下の方までバッチリ見えます。

私の普段の生活では富士山が見えるのはここの事務所からだけなので、
朝が寒いと辛いですが、出社して富士山が見えると何となくラッキーな気分です。


埼玉本部 田中


旅行に行けないなら…

現在、また緊急事態宣言が出されて外出も控えてるので、休日のお昼ご飯に何かないかなと思っていたら、近くのスーパーの全国駅弁うまいものまつりの広告を見つけました。美味しそうだったので、家族みんなに駅弁を選んでもらい、開店直後に買い物に行きゲット!うに、いくら等々それぞれ自分の食べたい駅弁が食べられて大満足!函館、八戸、新潟、富山…行きたいけれどなかなか旅行には行けず、特に今は外出自粛なので美味しい駅弁でも食べて我慢するとしよう。

今は、感染予防はもちろんのこと、しっかり栄養、休息をとって、運動(これがなかなかできないのだが)をするようにして自己免疫力を高めるようにしたいです。

埼玉本部 高井


古希を迎えるので

 私事ですが来年古希を迎えます。

西国三十三所、坂東三十三所、秩父三十四所を合わせて100所の観音霊場と言いますが、現在残りは西国三十三所巡りとなっており、今年はコロナの影響で出来ませんでした。

古希の歳には完結するのが目標で善光寺と北向観音にお礼参りをしたいと思っています。

終活と自らの人生の終わりに向けた活動を、元気なうちに整理したい、満身創痍の身体ですから。

好きな言葉

隠居とは戸主が家督を他の者に譲ること(旧民法規定)

埼玉本部 高橋


ホリデーシーズン

 年末まで残すところ、あと僅かとなりました。

 例年であれば、クリスマスパーティー・忘年会・新年会...と楽しいイベントが目白押しの季節ですが、コロナの影響で今年は違います。

 SNS等の情報によると、今年は、忘年会は勿論、年末年始の実家への帰省や初詣も控える人が多いようです。新年の親戚・家族の顔合わせも行ってよいものかどうか決めかねている方も多いとのこと。

 そんな気持ちが沈む日々の中、先日、海外から心温まるニュースが入ってきました。

 ご存知の方も多いと思いますが
「サンタは今年は来る?」と8歳児が英首相に手紙を書いた話。

 コロナ禍で心配する8歳児の質問に対する、イギリスのボリス・ジョンソン首相の回答が話題となりました。

 手紙を寄せたのは8歳のモンティ。
「もし、除菌ハンドジェルをクッキーのそばに置いたら、サンタは来れますか?」
心配するモンティにジョンソン首相は返事を書きました。
確認のため「北極に電話した」と報告し、「サンタは準備を終えて、今か今かと待ちわびている様子でしたよ。赤鼻のトナカイも同じです。」
 政府の医療部門の話として、サンタがいつも通り、安全に素早く行動すれば「サンタや子供たちへの感染や健康へのリスクはない」とも説明。
除菌ハンドジェルを置くアイデアを称賛し、「自分でも使って、こまめに手洗いすれば、サンタクロースの ″いい子リスト” に載るでしょう」と勧めたとのこと。

 心が、ほんわか温かくなるお話です。
ユーモアで、子供に安心を与えられる首相って、素敵ですね。

 コロナで不安な日々は変わりませんが、こんな時だからこそ、同じ時を過ごすなら、ユーモアをもって明るく笑って過ごしたいものです。

 皆様も健康管理に気を付けて、楽しい年末年始をお過ごしください!

                           (埼玉本部 眞中)


葉唐辛子を頂きました

先日、社内の方から、ご家庭の庭で無農薬栽培されていた「葉唐辛子」を頂きました。

大事に、丁寧に、栽培されたものですので、レシピを検索して消費したいと思いましたが、 それより先に我が家のダンナさんが、早速、製造加工に取り掛かっていました。

「もっと欲しい」と言い出したので、追加依頼をして大きい紙袋二袋を頂き、葉と唐辛子を子供とせっせと分けたかと 思うと、ハチミツが入るような大きいビンを2本用意し、1本はお酢につけ、もう1本は唐辛子をミキサーにかけ 独自の調味料を4種入れ、蓋をして冷蔵庫に入れました。

後日、美味しいハラペーニョができました。事務所の方々からも好評価を頂きました。

埼玉本部 武井


持たない暮らし

全国主要8都市で、4~6月の家庭ごみの量が前年同期から平均7.7%増えたと ニュースで報じていました。

ステイホームで外出自粛が続く中、巣ごもり消費や断捨離などの要因により
増えたものと考えられているようです。

私も必要に迫られ断捨離をした一人ですが、確かに地元のごみ処理施設では
不要品を持ち込む一般住民がかなり多くなっている印象を受けました。

比較的モノを捨てることにはあまり躊躇しないタイプだと自負していましたが
いざ片付けをはじめると、捨てるモノと使うモノ、その間のグレーゾーンにあるモノの多いこと。

以前拝見したミニマムで素敵なお宅の光景を思い浮かべて頑張りましたが
時間切れと体力切れであえなくダウン。
『シンプル&ミニマム』で『持たない暮らし』はハードルが高かった。

また涼しくなったら頑張る予定です、たぶん。

埼玉本部 古瀬


アーカイブArchives
ページ上部へ戻る