優和スタッフブログ

地域情報

埼玉(さきたま)古墳群

 「のぼうの城」や「陸王」で一躍有名になった埼玉県行田市。
この市にある埼玉(さきたま)古墳群が令和2年3月10日 国の「特別史跡」に指定されました。                                                 

 特別史跡とは、「史跡のうち学術上の価値が高く、我が国文化の象徴たるもの」です。言わば、有形文化財の「国宝」に相当するもので、埼玉県内初の指定となります。
 皆さんは、そんな東日本屈指の埼玉古墳群がある「さきたま古墳公園」を訪れたことがありますか。

 埼玉古墳群には、前方後円墳8基と円墳1基の大型古墳があります。
そのうち、二子山古墳は古墳群の中で最大の前方後円墳です。また、丸墓山古墳は直径105メートルと日本最大級の円墳です。
 さらに、稲荷山古墳出土の115文字の銘文が刻まれた国宝金錯銘鉄剣は、東日本とヤマト政権との関係を示す、古墳時代の研究に欠くことのできない極めて重要な資料と言われています。

 埼玉古墳群には古代のロマンがあふれています。5世紀後半から7世紀初頭までの約100年の間に9基の大型古墳が造られていますが、これほど短期間に次々と造られた古墳群は他に類を見ません。徐々に大きな古墳を造るといった経緯や技術の積み重ねなく、突如として現れたこの古墳群の「真の主」は誰なのか。さらに、前方後円墳の群れの中になぜ一つだけ日本最大級の円墳があるのか。謎だらけです。

 今は、パンデミックと化したコロナの影響で、外出も思うようにできず鬱々とした日々を過ごされている方も多いかと思われます。

 職場・学校・生活環境等、改善された際には、一度この地を訪れ、古代のミステリーに思いをめぐらせてみてはいかがでしょうか。

                                 埼玉本部   眞中


ワールドカップ

「4年に一度じゃない。 一生に一度だ。」

ラグビーワールドカップ2019の開催まで、残り80日を切りました。

私の住む熊谷市(熊谷ラグビー場)で、下記の試合が開催されます。
 9/24(火)  19:15〜  ロシア     vs  サモア
 9/29(日)  14:15〜  ジョージア  vs  ウルグアイ
   10/9(水)  13:45〜  アルゼンチン vs  アメリカ

これに先立ち
9/6(金)  19:15〜 「リポビタンDチャレンジカップ2019」
   ラグビー日本代表 vs 南アフリカ代表
も同じく 熊谷ラグビー場にて、RWC前の最後のテストマッチとして行われます。

短期間とは言え、世界中から多くの来場者を迎えるこのビックイベントに、現在、我が地元では急ピッチでその準備が進められています。

熊谷駅正面口駅前広場も大きくリニューアルし、ユニバーサルデザイン(バリアフリー)に配慮した案内板やスロープも設置されました。歩道部の遮熱平板やシェルター及び冷却ミストの整備も完了しました。

駅前には躍動するラグビー選手たちを描いたモニュメントが設置され、ラグビー場へ向かう皆さんの気分を盛り上げます。(夜はライトアップされます。)

ラグビーロードには、ラグビーボールをモチーフにしたデザインの照明灯も設置され、標識も多く取り付けられました。 駅から徒歩で会場に向かう多くの人達を見込んでのことです。

市内の小・中学生は授業の一環として試合を無料観戦できることになりました。(羨ましい限りです。) その際、小学生達が試合当日、出場国の国歌斉唱をする予定で、日々その練習に励んでいます。

道路も2本開通し、市内の車移動もより便利になりました。 特別仕様のオリジナルナンバープレート(原付対象)も無料で交付される等、名実ともに真のラグビータウン熊谷となるため、まちは動き出しています。

開催時、重要な交通経路の一部となる17号国道熊谷バイパスの付加車線工事も着々と進められ、夜もライトを煌々と照らしながら続く工事には、頭が下がる思いです。 開催に間に合うかしらと通る度に ハラハラドキドキしながら見守っています。

これまでラグビーには全く関心なかった私ですが、いよいよ開催日が近づくにつれ、日に日に高揚感が増している自分に驚いています。

地元全体で、世界のラグビーファンにウエルカムの気持ちを伝えたいと考えている今日この頃です。

                        埼玉本部  眞中


ふるさと納税「法規制」は6月から

 2019年度税制改正大綱に盛り込まれた「ふるさと納税」の新たな規制ルールが、今年6月から実施されます。税優遇が適用される寄付先を総務省による認定制に改め、「返礼品の価値は寄附金額の3割以下」「返礼品は地場産品に限定する」という基準を満たさない時事体を税優遇の対象から外す。自治体間による寄付争奪戦に歯止めがかからないとして、法規制による強権発動に踏み切った形です。  

 ふるさと納税制度は、任意の自治体に寄付をすると、一定額まで住んでいる土地に納める税金が控除されるというものです。実質手数料の2,000円のみで高額な返礼品が獲得できるとして、納税者の人気を集めてきました。  政府が昨年12月に閣議決定した税制改正大綱では、この制度の対象となる自治体を総務大臣による指定制に改めるとしました。その条件として、①返礼品の返礼割合を3割以下とすること、②返礼品を地場産品とすること、と掲げ、自治体がこれらの基準に適合しない返礼品を送ったときは、総務大臣は指定を取り消せると盛り込みました。指定が取り消されると、寄付した人は税優遇を受けられず、純然たる寄付となってしまいます。これらの改正は、今年6月1日以後に行われる寄付に適用されます。  

 これから法規制が実施される6月に向けて駆け込み寄付が増えていきそうだが、すでに多くの自治体では高額返礼品の見直しを進めているため、お得な返礼品は日に日に少なくなりつつあります。  

 一方、これまで多くの寄付を集めてきた自治体にとっては、自助努力の成果を総務省に押さえつけられたかたちになります。今後決められた一定条件で、いかに品揃えに工夫を凝らすかを求められていくことになります。すでに一部の自治体では新たな動きを出つつあり、昨年に寄付金額が国内1位だった大阪府泉佐野市は、民間企業のポータルサイトに頼らない独自の「ふるさと納税専用サイト」を開設し、運用を開始しました。寄附金の1割とも言われる民間企業への掲載手数料を抑える狙いで、法規制でこれまでのように他自治体との差別化によって多額の寄付金を集めることが難しくなるなか、同調する自治体も出てきそうです。       

埼玉本部 秋元


時代祭

 

 

 

 

 

10月22日に京都三大祭である時代祭が行われました。昨年は雨天のために中止になったので、2年ぶりとなります。

今年は天候もよく、多くの人が見学されていました。

時代祭は、平安神宮の創建と平安遷都1100年祭を奉祝する行事として、明治28年に始まりました。山国隊が奏する笛、太鼓の音色を先頭に約2,000名・約2キロにわたる行列は順次、平安京の造営された延暦時代にさかのぼり、京都の過ぎ去った歴史を感じることができます。

京都本部 高木

 


7月異常気象

 先日のニュースで、気象庁が7月の天候まとめを発表しました。平均気温は1946年の統計開始以降、7月の最高記録を更新した東日本を中心に全国的に上昇。降水量は豪雨や台風に見舞われた西日本で多く、特に太平洋側は平年の2倍の雨量となりました。

 気象庁気候情報課の竹川元章予報官は「豪雨と猛暑は30年に1度よりも発生確率が低いという意味で異常気象だ」と統括しておりました。

 8月中旬まで気温が高い状態が続く見込みなので、熱中症対策しっかりとりましょう。

 

埼玉本部 秋元


2017夏

8月に入ってからというもの、連日の雨続きで
ここ埼玉でも太陽が顔を出さない日々が続きました。
お盆をすぎても天気は回復せず、このまま盛り上がりに欠けたまま
夏が終わるのか、、と思ったら
花咲徳栄高校が夏の高校野球大会で埼玉県代表として初優勝を果たしてくれました。
高校生の活躍にさわやかな風が吹いてきたようで、天気も上々です。
花咲徳栄高校の地元、加須(かぞ)市のあたりは県内でも有数の米どころです。
日照不足が心配されていますが、このままいい天気が続いて、
今年も良いお米が収穫できることを願っています。
埼玉本部 古瀬


送り火

8月16日に京都で五山の送り火が行われました。
昔はわざわざ見に行っていましたが、最近は楽をしてテレビ鑑賞になってしましました。
前はもっとゆっくり点火していたような気がしますが、2014年に5分おきに点火されるように変更されたようで、あっという間に点火されていきました。
送り火が終わると夏が終わったなという気分になりますが、まだまだ暑さは続きそうです。
送り火の消し炭を奉書紙に包んで水引を掛け、家につるしておくと魔除けのお守りになるそうです。17日の早朝に大文字山に消し炭を取りに行ってみたいと思いつつ、なかなか実行できていません。
来年こそは頑張りたいです。
京都本部 高木


祇園祭

今年も半分が過ぎ、京都は祇園祭が始まりました。
祇園祭は毎年7月1日から31日まで1か月にわたって行われます。京都の新聞やテレビでは連日、どのような行事が行われたか報道されています。
13日は前祭の巡行の先頭に立つ長刀鉾にのる稚児が、八坂神社に参り、五位の位をもらう行事が行われたようです。
14日~16日は宵山と言われ、祗園囃子が奏でられ、提灯に灯がともり、夜店などが立ち並び、17日は前祭の23基の巡行します。
また、2014年から後祭も復活しましたので、21日~23日は宵山、24日には後祭の10基の巡行します。
囃子の音が聞こえ始めると夏が来たなあと思います。いろいろの装飾品をまとった山鉾は「動く美術館」と言われ、最近は祭りに行くより、その装飾品を見るのが楽しみになってきました。年を感じます。
京都本部 高木


『はじまり、美の饗宴』

倉敷市にある大原美術館の所蔵品が六本木の国立新美術館で公開されている。
一人の実業家と一人の画家の熱意が産んだ私設美術館。最も著名なエル・グレコの「受胎告知」を始めとする名画の数々。
ルノワール、モネ、モロー、ゴーギャン、ロートレック、モディリアーニ、ドガ、フジタ…これらの作品が、否、西洋美術の絵画の収集と展示が民間人によって倉敷市と言う地方都市から始まった。
そこにある意義を感じながら接する名画との会話を楽しむ。そんな時間も悪くはない。
  東京本部 本多


静かな城下町とドラマ効果

NHK大河ドラマ『真田丸』が始まり、真田ゆかりの地、信州上田でも ドラマにちなんだ博物館もオープンしてずいぶんと盛り上がっていると聞きます。
母の郷里だったこともあり幼い頃からたびたび訪れた上田は、長野市にも軽井沢にも近く、交通のアクセスも比較的良い所です。
真田が築いた上田城(跡)は上田駅から徒歩で20分くらいのところにあります。
上田駅は新幹線も止まる駅にもかかわらず、駅前もこじんまりとしていて
にぎやかというよりは静かな印象のする商店街が続いています。
商店街も昔はもうちょっと店の数が多かったような気がしますが、
上田在住の従妹いわく、ちょっとした買い物は
車で軽井沢まで出てしまうとのことで
商売を続けていくのは厳しいのかもしれません。
真田人気にあやかって、街も人も元気になってくれることを願っています。
個人的には、みすゞ飴本舗の本店がおすすめです。
アンティークな佇まいと太っ腹な試食が評判だそうです。
埼玉本部 古瀬


ページ上部へ戻る