優和スタッフブログ

優和スタッフブログ

「ワンオペ」

ワンオペ…ワン-オペレーション(one operation)の略ですが、「ワンオペ育児」なんて言葉でも使われたりします。

我が家には2歳4か月になる末っ子長男がいるのですが、2歳の誕生日あたりからとてもよく喋るようになりました。

最近はそうでもなくなりましたが、ちょっと前まで、、、

「ご飯だよ~」「ヤヤ~(イヤだ~の意)」とか、「パパとお風呂行こ~」「ヤヤ~」とか、「はーい、お着替えしますよ~」「ヤヤ~」とか、「パパと保育園行こ~」「ヤヤ~」とか」・・・本人はちょっと半笑いだったりするので、こちらも本気で叱るにはちょっと間を置いたりするのですが、もうホント…疲れる。(笑)

共働きで妻が仕事で遅くなる時は、まさに「ワンオペ」状態。買い物行って、ゴハン作って、お風呂入れて、寝かしつけて…もうゼッタイ一緒に寝てしまいますよ、ゼッタイ!(笑)。これをずっとお一人でされているシングルママやパパには、ホント「尊敬の念」しかありません。

今朝は、「保育園行こ~」「いいよ~」と、笑い合いながら保育園に送ってきました。これが成長っていうんですかね、…息子もパパも(笑)

東京本部 酒井


暦の上では9月から11月までが秋になります。

今年は8月終わりに猛烈な暑さがありましたが、9月に入るとその暑さも落ち着きガラッと気候が変わりました。

残暑がなくなり一気に秋を感じられるようになりました。

秋といえば「食欲」「運動会」「七五三」など色々と連想されることがありますが、
コロナ禍で制限がある中、この過ごし易い季節をどう楽しむか考えてしまいます。

早く自由に外に行ける時を楽しみに待っています。

こういう時だからというわけではないですが、優和に入社して15年になりますが、
長らく止まっていた資格取得に向けて再度勉強を始めることにしました。

前の勉強は税理士でしたが、今回は公認会計士です。

私自身最近はどうも税務より会計の方が興味をそそる部分が多いようです。

税務と会計では似て非なるもの(税務と会計の違い説明は割愛させて頂きます)ですが、
密接に関係しているためその両方を勉強する経験を今後実務に役立てていきたいと思っています。(勉強の秋!!)

京都本部 加藤


90歳の誕生日プレゼント

もうすぐ隣県に住む義母の誕生日です。
例年は主人が宅配で鉢花を贈っていましたが、
今年は満90歳になるので何か記念になるものをと思い
こんなクマのぬいぐるみを用意してみました。


お座りして高さ30センチほどの大きさです。
手元に置いて可愛がってくれるとうれしいです。

埼玉本部 田中


言葉の綾

 昔、私自身が感じて心掛けていることを一つ紹介します。

 みなさんはビジネスや日常会話で「分からない」と「知らない」、どちらをよく使っているだろうか。

 相手から「〇〇って知ってますか(知ってる)?」という質問なら「知りません(知らない)」と答えるのは文法的に正しいでしょう。

 では「〇〇って何?」「〇〇って聞いたことある?」などに対して「知りません(知らない)」はどうだろうか。
相手によっては「興味ない」「私に聞くな」というふうに受け取られる危険性があります。

 こういった印象や誤解を与えない対処法として次の3つが考えられます。

 ①過去形で答える。
  例)「知りませんでした(知らなかった)」「聞いたことなかった」

 ②言葉の後に聞く姿勢を示す。
  例)「知らないです、何ですかそれは」「聞いたことないかも教えて」

 ③全て「分かりません(分からない)」に統一する。

 個人的に③は極端なので、①と②を意識しています。
 些細な違いですが、話している相手に誤解を与えず、思いやりを持って接するようにしたいものです。

 茨城本部 青柳


健康管理の一環

 雨が降っては気温が下がり、雨が上がっては気温が上がりが続き、一層体調に気を配らないといけない状況ですね。季節の変わり目に風邪をひきやすい私としては、例年よりも気を引き締めて体調管理に挑みたい所存です。

 世間はコロナ禍から抜け出せず、休日も家の中で過ごすことが多いと思います。早く外で遊びたいという気持ちは子供も大人も同じだと思いますが、前向きに家の中でできる趣味を開拓された方も多いのではないでしょうか。 

 私はDTMを始めてみました。DTMとは、「パソコン上で音楽専用のソフトウエアを用いて、作曲や演奏をすること。」(weblio辞書より引用)機材を揃えたり勉強したりと楽な趣味ではありませんが、そういった生活に必要というわけではない事柄に真剣に取り組むのも趣味の醍醐味ではないかと思います。

 私生活を充実させてメリハリを持たせられれば、ストレスを溜めこまずに健康も促進できますよね。仕事も趣味も真剣に取り組み続けたいものです。

 東京本部 北川


アーカイブArchives
ページ上部へ戻る