優和スタッフブログ

優和スタッフブログ

旬のもの♪

猛暑日が続いております。
水分補給と休養それと ・ ・ ・
おいしいものを食べて栄養補給です(^u^)

車に乗っていても暑いので、あまり遠くなく季節のものを!
ということで、今回訪れた先は、茨城県の鉾田市♪

鉾田市といえば・・・メロンです★
メロンの食べ放題に行ってまいりました!!
友達と4人で30分バケツ一杯分のメロン完食\(^o^)/
甘くて、みずみずしくてとてもおいしくいただいてまいりました♪

 

今年もおいしいものをたくさん食べて夏を乗り切ろうと思います。
では、次は日光の天然かき氷にいってきま~す(^o^)/

茨城本部 田口


アイス

毎日暑い日が続いています。
こんな時にはアイスが食べたくなり、買うことが多くなります。
私はしろくまが好きでよく買うのですが、先日テレビでやっていたアイス総選挙を観たところ、しろくまのランクはさほど高くなく、バニラのアイスが人気なようでした。
スーパーなどに行くとついつい買ってしまいますが、食べ過ぎには注意したいと思います。
東京本部 安藤


災害時の税金

この度の災害に対し、心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早いご復興をお祈り申し上げます。
京都でも大雨特別警報が発表され、スマートフォンからは避難を知らせる警告が何度も鳴り響いていました。
災害により被害を受けた場合の救済措置の一端を紹介します。税金が軽減されたり、申告期限や納期限が延長される特例が設けられています。
例えば、所得税については、自然災害等によって生活に必要な財産に損害を受けた場合に、損害額のうち一定額を所得から差し引くことにより、税金が軽減される「雑損控除」という制度があります。
また、税金には概して申告・納付の期限が定められていますが、災害等の理由により申告・納付などをその期限までにできないときは、その理由のやんだ日から2か月以内の範囲でその期限を延長することができる制度もあります。
京都本部 吉田


大阪旅行

 4月に一泊二日でユニバーサルジャパン&大阪観光に行ってまいりました!
ユニバーサルジャパンに開園と同時に入園するためには、始発の新幹線では間に合わないので、埼玉県の久喜駅を23時に出発し翌朝7時にユニバーサルジャパン前に到着するという、深夜バスを利用しました。
その深夜バス、3列シートでゆったりリクライニングとなっていたので、寝ながら大阪に行けるなんて素晴らしいわ♪と期待して乗車しましたが、なれない姿勢と振動でほぼ眠れず、、、
睡眠不足で、ユニバーサルのアトラクションに乗るたびに、吐き気との戦いでした(-_-;)
 ホテルのベッドで爆睡して翌日は、串カツ、たこ焼きの食べ歩きを満喫し新幹線で帰路へ。
やはり50過ぎの中年には、新幹線が最高だと改めて実感をした旅となりました。
埼玉本部 斉藤


改正五輪特別措置法

2020年(平成32年)東京オリンピック開催の年に限り、海の日など一部の祝日をオリンピックの開・閉会式の前後に移し、通勤・通学の数を減らし渋滞等を緩和し交通規制や警備のしやすい環境にする「改正五輪特別措置法」が成立しました。
これにより一部の祝日が次のように変更になるようです。
・海の日(7月第3月曜日) → 7月23日(開会式前日)
・体育の日(10月第2月曜日) → 7月24日(開会式当日)
・山の日(8月11日) → 8月10日(閉会式翌日)
その年限定ですので、もちろん2021年(平成33年)以降は通常の祝日に戻ります。
茨城本部 武田


非上場株式等についての贈与税・相続税の納税猶予・免除 (事業承継税制)のあらまし

国税庁のホームページに、「非上場株式等についての贈与税・相続税の納税猶予・免除(事業承継税制)のあらまし」が掲載されました。
 事業承継税制は、後継者である受贈者・相続人等が、円滑化法の認定を受けている非上場会社の株式等を贈与又は相続等により取得した場合において、その非上場株式等に係る贈与税・相続税について、一定の要件のもと、その納税を猶予し、後継者の死亡等により、納税が猶予されている贈与税・相続税の納付が免除される制度です。
 平成30年度税制改正では、この事業承継税制について、従来の措置に加え、10年間の措置として、納税猶予の対象となる非上場株式等の制限の撤廃や、納税猶予割合の引上げ等がされた特例措置が創設されました。
 従来の措置と比較した要点としては、
①事前の計画策定等
従来は不要であったが、特例措置では5年以内の特例承継計画の提出が必要
(平成30年4月1日~平成35年3月31日)
②適用期限
10年以内の贈与・相続等
(平成30年1月1日~平成39年12月31日)
③納税猶予割合
100%
④雇用の80%維持要件
承継後5年間は平均8割の雇用維持が必要。
但し、特例措置として弾力化(下回った理由を報告することで容認される余地あり)。
特例承継計画を平成35年3月31日までに都道府県知事宛に提出し確認してもらいましょう。
仮に、この事業承継税制を適用しない場合であったとしても、可能性がある場合には提出しておくべきです。
また、贈与・相続時に提出するのではなく、事前に提出する点を注意すべきです。
計画を提出・確認した後に、実際の贈与・相続が発生した際に、円滑化法の認定を受ける必要があります。
また、一旦提出し認定を受ければ、以後の手続きが何もない訳ではありません。
継続届出書の提出があります。
具体的には、雇用の維持や贈与・相続により取得した株式を引き続き保有していることを届け出る必要があるのです。
仮に、当該株式を外部に売却してしまった場合や、後継者が代表権を有しなくなった場合等には、猶予されていた税額が利子税を含めて納付することとなります。
本税制を適用する際には、継続届出書を毎年提出すること、要件を満たさないと課税されてしまうことを注意するべきです(認定後5年間は毎年、5年目以降は3年ごとの提出)。
贈与により株式を受け取った場合に、先代がなくなると、相続税の納税猶予へ移行することになります。この際の計画認定は、既に贈与時に認定を受けている為、不要となります。
会計事務所としての仕事をしている中で、清算・廃業の件数が増加傾向にあることを感じています。
中小企業庁が公開している中小企業白書によると、小規模な企業数の推移として、1999年が423万社あり2014年には325万社まで減少しているそうです。
2009年~2014年の開業が66万社、廃業が113万社となっています。
これ以上の企業数減少に歯止めを掛けるべく、政府としても前向きに取り組んでいる姿勢を感じます。
弊所としても、顧問先の皆様に喜んでいただけるよう積極的に取り組んで参りますので、不明点など御座いましたら各本部担当者までご連絡ください。
最後までお読みいただき感謝申し上げます。
本原稿が皆様のお役に少しでも立ちましたなら幸いです。
茨城本部 楢原 英治


かたつむり

先日雨上がりの日に、息子が公園でかたつむりを捕まえてきました。
せっかくなので飼ってみることにしました。
土や石、落ち葉などで環境を整え、餌となる野菜などを入れて準備完了。
霧吹きで水をかけてあげていたはずが、いつの間にか兄妹で水の掛け合いになり、結局全身ずぶ濡れになって水遊び。子供あるあるなのでしょうね。
ところで、かたつむりと言えばアジサイの葉にいるイメージがありますよね?しかし、アジサイの葉には毒があり、かたつむりは食べないそうです。新発見でした。
子供と一緒に、しばらく観察をしてみようと思います。
東京本部 渡辺


宿泊税セミナー

京都市宿泊税制度が平成30年10月1日よりスタートします。それに伴い、税理士法人優和京都本部では、京都市とタイアップして宿泊税徴収事務導入支援について「旅館・ホテル事業者向けのセミナー」を開催しています。
セミナーでは宿泊税の目的や使途,宿泊料金の考え方や税率などの税の仕組み,市への申告納入方法,領収書等について説明します。
また,セミナーに合わせて,原則,旅館ホテル組合員向けに,各事業所の経理事務について税理士が個別アドバイスを行う個別相談会を実施します。
セミナーは6月、7月に随時実施していますが、詳細に関しては、京都市のオフィシャルサイトに掲載されていますので、ご確認ください。
京都本部 吉川


保護猫

埼玉本部のある地元蓮田市に、NPO法人Happy-wildcatsという保護猫シェルターがあります。
そちらの併設猫カフェに娘が何度か通い、娘の強い希望で先日3歳の猫を引き取りました。
約2年のノラ生活の後保護され、保護猫シェルターで1年ほど里親さんが決まるのを待っていたそうです。
我が家にやって来た当初はゲージの中に引きこもり、中を覗かれるだけでシャーシャー言っていましたが、最近は家の中をパトロールするようになりました。
まだまだビビリで抱っこも出来ませんが、段々となついてくれる様子は子猫とは違った可愛さがあるものです。
HPがありますので、興味のある方は覗いてみてください。
ウチに来た猫はミナちゃん♀です。
IMG_0730%20%282%29.JPG
埼玉本部 田中


成年年齢

成年年齢を18歳に引き下げる民法の改正が成立し、平成34年(2022年)4月から施行となります。
民法の定める成年年齢は、
①単独で契約を締結できる年齢
②親権に服すことがなくなる年齢
という意味を持つもので、改正により現行の20歳から18歳に引き下げられます。
また、結婚できる年齢は現行、男性18歳以上、女性16歳以上ですが、今回の改正により男女ともに18歳以上となります。
それで気になるのが2022年に19歳となり、施行日より成人となってしまう人々の成人式です。
従来通りなら2023年1月に成人式を迎える2002年生まれの満20歳(または19歳)は2022年4月時点ですでに成人年齢を1歳以上過ぎていたことになりますから2023年の1月に2003年,2004年生まれの新成人の方と成人式を執り行うのでしょうか?
などということを考えていたら、その時期の成人式の取り扱いについては各自治体に任せるとのこと。
そのうえ、1月というと大学受験の追い込み時期でもありますし、18歳、19歳の受験生にとってはあまりうれしくない時期の成人式になってしまうかもしれません。
4年後の成人式がどんな形となるのか見守っていきたいです。
茨城本部 香川


アーカイブArchives
ページ上部へ戻る