税理士法人 優和:優和スタッフブログ
ASP発展会計
経営革新等支援機関
ふるさと納税データ一覧

絶対得する!?メルマガ

税金に関するアドバイスとお得な情報 4人の税理士・公認会計士が月2回税金に関するアドバイスとお得な情報をメールで配信します。メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。 >バックナンバー
登録フォーム
解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。

くるみんマーク

流行語大賞にノミネートされるくらい待機児童の問題がクローズアップされていますが、これくらいの時期から4月から保育園に入るための募集が始まります。なるべく早い職場復帰を考えておられる方には年度途中からの入園は難しいと言われていますので、4月に希望通りの保育園に入れるかは重要な問題だと思います。

結婚、出産後も働きやすい職場かどうか示すものとして厚生労働省認定の「くるみんマーク」があります。次世代育成支援対策推進法に基づき、「子育て支援に積極的な企業・団体」に交付しているマークです。そのマークがついていれば、育児休業などの一定の基準を満たしていることになります。それを参考に就職活動をする方もいるようです。

また、企業側のメリットですが、イメージアップにつながるとともに税制優遇が受けられます。平成27年度からは「次世代育成支援対策資産」を一般事業主行動計画に記載したうえで導入し、認定を受けた場合、その資産について割増償却が出来ることになります。

詳しくは厚生労働省のホームページをご参照ください。

京都本部 高木

投稿者:京都本部 日時:2016年12月16日 11:03 コメント(0)

PDCAサイクル

大企業の決算状況が新聞にも多く掲載されています。

中小企業の方は、関連する企業の決算状況や株価の変動を
しっかりと確認している事と思います。

その上で、今年の事業計画を立てたり、見直したりと動いている
事でしょう。

具体的には経営計画や事業計画を成功させる為に必要だと
わかっているけれど、どの様にしたらよいのか・・・現況のまま
も多いと思います。

Plan (計画)→ Do (実施)→Check (点検、評価)→Act(処置、
改善)のPDCAサイクルが重要となってくるのです。

我々税理士法人優和は経営者、幹部スタッフ、現場の声を
聞きながら会社にあった事業計画達成の為の御手伝いを
させて頂きます。

是非、御相談のコールをお待ちしております。

京都本部 下田


投稿者:京都本部 日時:2016年06月03日 09:19 コメント(0)

平成28年税制大綱

さて師走になり税制大綱が決定しました。マスコミにおいてもいろいろと言われていますが、その決定過程には、相変わらず選挙に負けるから...など全く文化のかけらもない決め方のようです。
 そもそも軽減税率導入は、低所得者対策のみの議論でいいのでしょうか?以前に書いたことがあるが、イギリスなどは子供用品は0% その他食品などは0%となっている国もある。
少子高齢化の日本は、まさに子育てにお金がかからないようにするのが一番重要であり、その基本の上いろいろな税の体系を考えればいいといろいろな人が言っておりますが、私もまさに、そのように考えます。
 政治家というのは、国家の行く末を考え、政策を考える偉〜い人だと子供のころは、思っていました。実はただのサラリーマンだったのですね。

東京本部 市川

投稿者:優和 日時:2015年12月18日 17:27 コメント(0)

マイナちゃん♪♪

マイナンバー制度について、来年1月からの運用開始を踏まえて税理士会などでの研修内容を簡単に記載したいと思います。

※イメージガール?の名前は
マイナンバー制度普及のために、抜擢されたウサギのキャラクターで名前はマイナちゃんだそうです。
カワイイデスネ。

※自動的に交付されるの?
個人番号カードの前段階として、通知カードが各世帯毎に交付されます(今年10月予定)。
通知カードが交付されるのと同時に、個人番号カードを取得するために申請用紙が封入されるそうです。
個人番号カードには、顔写真が掲載されるため顔写真を添付して申請を行います。
余談ですが、顔認証アプリを導入して本人確認するらしいです…(役場の人が、こりゃ若すぎるよぉ・・・、いつの?等は言いずらいので機械に任せるようです(笑))
ちなみに、個人番号カードが交付されると同時に住基カードは没収されます。

※利用分野について
利用分野は、社会保障・税・災害の3分野に限定されています。
しかし、今後は民間利用も想定しているようです。

※個人番号の管理について
会社においては、従業員やその家族等の番号を管理する必要があります。
具体的には、
1)従業員
自らの番号及び扶養親族の番号を確認して会社に伝えます。
会社側は従業員の本人確認を行います。
本人確認は個人番号カードで行いますが、個人番号カード(特に裏面番号記載部分)をコピーしてはいけません。
2)会社
従業員と従業員の扶養親族について、個人番号を確認します。
また、賃料支払等の相手先についても確認する必要があります。
具体的には、法定調書において相手先の番号を記載するため、確認が必要です。
個人番号とは、別に法人番号が各法人に付されます。
こちらはHPなどで公表されるものであり、性質が異なります。

まだまだ内容は書ききれませんでしたが、マイナちゃんを筆頭に私が頭に残ったものを記載してみました。
少しでも参考にして頂けると幸いです。

茨城本部
楢原 英治

投稿者:茨城本部 日時:2015年05月29日 13:49 コメント(0)

消費税増税から半年

消費税率が8%に引き上げられてから半年が経ちました。最初こそ違和感はあったものの、もう慣れてしまったという方も多いのではないでしょうか。
増税の影響が注目された4月〜6月期の実質GDP(国内総生産)は、前期比年率7.1%減少。下落幅は、消費税を5%に引き上げた直後の1997年4月〜6月期の3.5%減を上回りました。
1997年より消費の落ち込みが大きいのが主な原因だとのこと。
夏の天候不順に加え、賃金の伸びが物価上昇に追い付かず景気の回復速度は鈍いとも言われています。
7月〜9月期のGDP等を精査した上で、来年10月に10%に再引き上げするかどうかの最終判断を年内にするとのことですが、難しい判断を迫られそうですね。

京都本部 玉生

投稿者:京都本部 日時:2014年10月06日 09:12 コメント(0)

マイナンバー

2013年5月24日、国会において「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(番号法)」が成立しました。番号法は、日本の住民1人1人に固有の番号(個人番号)を付番する番号制度を導入する法律で、法人番号の導入も規定されています。8月29日には内閣官房より広報用ロゴマークの愛称がマイナちゃんに決定されました。2015年10月から順次、各人の個人番号が通知される予定です。
システムの初期費用予算は2700億円。マイナンバー制度が導入されると、行政機関同士が情報連携することで、ワンストップで手続きが完了し、添付書類の簡素化が実現できます。業務効率化により3000億円の削減効果があると言われています。
プライバシー保護に対しては、個人情報を分散管理する、厳しい罰則規定を設定するなどの対策が取られます。
民間利用については、被保険者の現況確認や医療サービスの充実など、様々な活用例が検討されています。法人番号(企業コード)も統一化されることで、民間利用が期待されています。
民間企業においては、各種申告書、法定調書等でマイナンバーを使った事務処理に対応する必要があります。個人情報の取り扱いに関しては、個人情報保護法についてのガイドラインに十分対応した仕組み作り、安全管理措置が求められます。マイナンバーを従業員から収集する前に、様々な課題に対して具体的に検討しておく必要があります。
ルール作りについては、対象業務プロセスを明確にし、ルールの見直し、設定を行います。(入社、異動、退社等)従業員を対象にした人事部門以外でも、外部委託先として個人に仕事をお願いする場合(派遣、アルバイト、弁護士、会計士等々)の対応も検討します。
システム対応については、変更対象システムを特定し、安全措置を見直します。人事、給与管理システムにマイナンバーを追加し、基幹システム(原稿料の支払等)への影響も検討しなければなりません。
準備期間として約1年、マイナンバー制度に対応する準備を今すぐ進めることをお勧めします。

京都本部 W

投稿者:京都本部 日時:2014年10月06日 09:07 コメント(0)

社会保険料の変更月

以前のblogで、算定基礎とは社会保険料の額を年に一度算定し直し、その年の4〜6月に支給された給与の平均を算出し、その額で標準報酬月額を決定するものです。と書かせていただきました。
算定基礎を届け出る事により、新しい標準報酬月額が決定され「標準報酬月額決定通知書」が年金事務所等から送付されてきます。提出された方はお手元に届いている頃かと思います。原則、この決定通知書の標準報酬月額が平成26年9月〜平成27年8月まで1年間使用されます。
この標準報酬月額はいくつかの等級に区分されており、前等級より現在の等級に変更が出た場合は今年の9月分(通常同年10月納付分)の控除より、健康保険料と厚生年金保険料の控除額が変更になります。

また、今年も厚生年金保険が平成26年9月分(通常同年10月納付分)からの一般保険料率が0.354%(坑内員・船員は0.248%)ずつ引き上げられ、事業主・本人負担率は85.600/1000から87.370/1000に料率が変更となります。

お給与の処理をされている方は平成26年9月分の社会保険料控除にご注意下さい。
より詳しい計算方法や注意点と社会保険料額表は下記にありますリンク先をご参照下さい。

日本年金機構 :厚生年金保険料額表(26年9月〜)→http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=27438

全国健康保険協会:健康保険料額(26年3月〜)→https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat330/sb3150/h26


京都本部 櫻井

投稿者:京都本部 日時:2014年09月29日 08:50 コメント(0)

経済指標

経済産業省が毎月末に発表する経済指標の中に、鉱工業生産指数というものがあります。
2010年を100として比較しています。
30日の日経では、6月速報値が前月比3.3%低下の96.7です。 一方、出荷指数は1.9%の低下在庫指数は1.9%上昇の110.5.在庫率指数は3.5%上昇の111.6となっています。
3.3%の低下幅は2011年3月の東日本大震災時に次ぐ大きさです。
数字からわかることは、4月が消費税増税の反動で悪い数字が出ましたが、その持ち直しが期待された5月が弱かった。それでは6月にずれ込んだかと思っていたが、さらに悪くなった。
在庫指数の上昇と合わせると、生産したが、販売が思うように伸びず在庫がたまってきていることが
伺えます。
指数をみる限りでは、7月以降は大幅な在庫調整からの生産抑制が始まるのではと見られます。
また、総務省統計局が発表する家計調査報告6月速報では勤労者世帯の実収入、消費支出ともに減少が続いています。
特に実収入は9ヶ月連続のマイナス。 消費支出は3月こそ駆け込みで8%台の増でしたがそれ以降は4〜6%の減が続いています。
顧問先との話では、食べ物関係を中心にあまり影響は感じられないという先と、4月以降非常に
厳しいという先に分かれます。 
その時、夏以降、中小企業も増税分の納税が本格化するので、本番はその時からと話しています。
確かに、求人は増え、現場では採用もままならないのが現状です。
(でも、ピークは過ぎた感じです)
新聞の紙面でも求人に関する見出しが大きく出ることがありますが、その脇の地味な経済指標欄では厳しい現実を見せつつあります。

京都本部:吉原

投稿者:京都本部 日時:2014年09月11日 18:04 コメント(0)

W杯の経済効果

 サッカーのW杯ブラジル大会に合わせ、関連メーカーや外食・流通等の各社がイベントやキャンペーンを行っており、街を歩いていても、日本代表応援キャンペーンの文字や青いユニフォームを着用した店員さんを多く見かけます。日本代表の応援を中心に大会を盛り上げ、消費を喚起しようというものです。
 W杯やオリンピック等国際的なスポーツイベントは、人々の消費が期待されるところですが、今回は時差が大きく、試合開始が早朝であったりする為、スポーツバーや自宅に集まっての観戦は難しく、観戦に伴う飲食等の特需は苦戦しそうとのこと。
 こういったイベントの経済効果を考える場合、グッズやチケットが売れた等プラスの効果はよく取り上げられるそうですが、マイナスの面は余り取り沙汰されていないとのことなので、実際の経済効果はどのようになっているのか曖昧な部分もあるようですが、是非とも良い結果になってほしいものです。

京都本部:玉生

投稿者:京都本部 日時:2014年06月23日 08:31 コメント(0)

休廃業・解散2万4,208件


 国内大手リサーチ会社が2013年度の休廃業・解散件数を2万4,208件と報告しました。平均すると毎日66件、1時間あたりで換算すると2件あたりの休廃業・倒産が発生しているとのことです。

 とてつもなく膨大な数字にみえますが、ここ最近は毎年同じような件数が発生しています。
 つまり、現在の社会では、新たな取引先を開拓しない会社は、お客様が減少していくしかない状態になっています。
 ただ、よほど特殊なケースでない限り、新規開拓を行わない会社は存在しないと思いますので皆様新たな取引先を求めて日々営業活動を行われていると思います。

 ところで皆様は、社外に対する営業活動は実行できても、社内に対する営業活動、特に原価管理や予算管理といった財務管理は実行できていますか。

 独立した経理財務部があり、社内で充分な管理ができている会社もあれば、社長がすべて管理をしている会社もあるかと思います。

 いずれにしても社内で作成した予算等は経営目標を共有する方達で作成されていますので恣意性が介入する恐れがあります。
 そこで活用してほしいのが顧問税理士です。

 税理士は、多種多様な業者のクライアントを持ち、守秘義務があるため具体的な会社名等は公表できないものの、その実績から各業種、規模にあった平均的な財務数値等を把握しているため客観性の高い情報の提供をしてくれます。

 弊社でも、お客様から自社で作成する予算案に意見を求められたり、また、社内単独で作成することが困難な場合は経営者と共に予算を作成することもあります。

 まだそこまで税理士に相談していない会社さんはぜひ相談してください。
きっといい提案をしてくれるはずです。

京都本部 太田

投稿者:京都本部 日時:2014年05月16日 11:40 コメント(0)

 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 | All pages